読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本の紹介”AIが同僚”

最近、新聞でAI(人工知能)についての記事が多く載るようになってきました。

AIが私たちに取ってかわるのではないのではないか、という不安も感じることもあります。

しかし、AIはあくまで道具であり、私たちの生産性向上させるためにあるということを忘れてはいけません。

人はこれまで新しい道具を作り出し生産性を向上させてきましたが、AIもその新しい道具の一つです。

人間vsAI、という対立ではなく”AIを同僚”として協力してやっていくのが賢い考え方でしょう。

 

本書では、現在のAIはどういったものなのか、どういったものではないのか述べられ、各業界でAIがどのように利用されているのか情報がまとめられています。

現在のAI状況を知るのに最適な本となっています。