読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

統計検定2級

先日、統計検定2級をCBTで受験しなんとか合格することができました。

そこで参考になった本を紹介したいと思います。

 

勉強方法としてはまずは易しい参考書でイメージを固めて、
後は過去問を全て解く&間違えた所は参考書で確認というやり方で行きました。

 

■統計2級の過去問と参考書について

①統計検定 2級 公式問題集・・・統計検定2級は過去問主体での勉強になると思います。過去問全て解くことで、傾向を掴むこともできますし、自分の弱点も見つけることができます。必須アイテムです。

 

②マンガでわかる統計学・・・統計の初歩について学ぶことができる良書です。
       そもそも統計とは、そもそも正規分布とは、そもそも平均や分散とは。
       統計を学ぶ前に一読し、統計のイメージを捉えるのに役に立ちました。

統計学がわかる ・・・2級の難所と思われる、信頼区間、t検定、分散分析などについて身近な例(ハンバーガー屋さん)から学べる良書です。

 

④直感的統計学・・・ビジネス寄りの統計学が学べる本です。問題・解説ともに充実

 

統計学基礎・・・こちらは2級対応の参考書ですが、無駄のない厳格な説明となっているため初心者にはとっつきにくい印象の本となっています。しかし、出題範囲を網羅しているので私は念のために買いました。

 

統計に特別な苦手意識がある人は、
統計検定3級を受験してから2級を受けてみるのもいいかもしれません。
(私も統計検定3級をうけてから2級を受けました)

急がば回れで、ステップバイステップで段階的に学習した方が効果的な時もあります。
(3級もCBT形式の試験を実施しているので自分の都合の合う日時でテストを受けることができます)

 

■統計3級の過去問と参考書について

①過去問・・・統計3級も過去問中心に勉強すれば取れます。

②参考書・・・3級の参考書はこれ1冊で大丈夫でしょう。
       難しいことは書かれてないので1週間あれば読み終わると思います。

広告を非表示にする