読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

実験”もしプログラムがブログを書いてくれたら⑧”

4月の土曜の夜、霧のような雨が降っていました。
彼は、27歳のうちにどんな組織にも属したことがありませんでした。
彼は部屋に篭って、一人で座って絵画に打ち込んでいました。
彼の窓の向こうには緑の木、新しい春、永遠の希望、永遠の命がありました。

私は彼が人生を遂行しようとしているところをずっと見ていました。

彼のお母さんは彼の生き方を嫌っていました。
絵画ではなく何か別の普通の道に進んで欲しいと。
しかしこれは彼の人生の道なのです。